本文へスキップ

       










PDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Readerまたは
Adobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は
こちら


■短編集「スイッチ」2011年10月8日発行

 


◆仕様

PDF 40ページ A4サイズ・縦

◆作品紹介

絵本のような心温まるストーリーから、シリアスなSF的ショートショートまで、
様々な短編の詩を通して、ものの見方の新しい「スイッチ」を押せれば、
というコンセプトのもとに作った全36編の短編集です。
(2009年11月18日制作)

◆収録作品

01−真実の村と嘘の村   19−電車
02−嘘のない世界     20−願いの石
03−1冊の本       21−モスキート・カフェ
04−砂時計        22−恋するカーテン
05−蚊の疑惑       23−あまのじゃく
06−マトリョーシカ    24−信号機
07−周知の事実      25−トリック
08−白い闇        26−迷路
09−ビニール傘の涙    27−夜の都市
10−点と線        28−透明人間
11−2人の目撃者     29−箱
12−気球さん       30−机上の空論
13−磁力         31−セレンディピティ
14−サイフ        32−音楽
15−命の数式       33−主人公
16−巡る季節       34−思い出倉庫
17−地球の作り方     35−枯山水
18−映し鏡        36−アイディア




■短編小説「妄想の一夜」2011年10月8日発行

  

◆仕様

PDF 104ページ B5サイズ・縦

◆作品紹介

人間の妄想って怖いです。これはそんな恐ろしい妄想を描いた作品です。
怖がりで過剰なまでに妄想癖のある私の特異な実体験を元にした、
恐怖あり、笑いあり、感動ありのホラー・ギャグ・エンターテイメント小説。
(2010年8月23日制作)

◆章構成

序章   「始まり」
第一章  「田舎の町にて」
第二章  「幽霊屋敷」
第三章  「脱出」
第四章  「束の間の楽園」
第五章  「満月と県道と幻覚と」
第六章  「悪夢の中で」
第七章  「疑心」
第八章  「楽園、再び」
第九章  「勝利の朝」
第十章  「来訪者」
第十一章 「誓い」
第十二章 「愛する人」
第十三章 「結末」
最終章  「それから」




■短編小説「悩める占い師たち/スローな時間」2011年10月9日発行

 

◆仕様

PDF 24ページ B5サイズ・縦

◆作品紹介

身近な疑問を作品化したショートショート「悩める占い師たち」と、
読後感も爽やかでハートウォーミングな「スローな時間」の短編小説2本を収録。

◆収録作品

1.「悩める占い師たち」(計3ページ)

自分の運命を占いたい占い師・神岡。
しかし、彼の占いは良く当たる。
もし、万が一恐れていた結果が出たら・・・と
なかなか自分の運命を占えないでいた。
そんなある日、彼の元に奇妙な封書が届いて・・・。
(2011年1月26日制作)

2.「スローな時間」(計17ページ)

時間の流れがゆっくりだと感じることがある。
まだこれだけしか経ってなかったのか、というスローな時間。
清掃用品会社の営業マンである澤野も、
そう感じた一人ではあったが、
彼の場合はなんだかそれよりも様子がおかしいようで・・・。
(2011年1月30日制作)